漫画家星野円の育児日記

ここにトップインフォメーションを入力してしてください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勉強の重要さを子供に説明できるか

子供の頃に親から

「勉強しなさい」

って言われた人は
たくさんいるのではないでしょうか。




私も言われました…。



でも 


勉強しなさい


と言われて
きちんと言うとおりに
勉強した人はどれくらいいるでしょうか。




おそらくほとんど
いないのではないでしょうか。






それはなぜかというと



勉強の大切さが
わかっていないから



です。




将来 数学なんて
なんの役にたつの?


日本に住んで
日本の企業に就職するんだから
英語なんて必要ない


歴史なんて知らなくたって
生きていける



と思う人は多いのではないでしょうか。




私も思ってました(笑)

特に数学なんて使わないじゃん。と。




たしかにその通りなんですが
大人になってみて
いろいろな経験をしてきて
今になって勉強というものは
大切だったんだなあと
痛切に思うわけですね。




それは 


いい就職先を見つけるために
いい大学に入るために
いい高校に入るために…


ということではありません。



結果的にそこにつながっては行きますが、
それは結果論であって
勉強の大切さはもっとほかの場所に
あるのでばないかと思うのですね。



私が思う
勉強の本当の大切さは



思考する能力と習慣をつける


ということです。



いい大学に入学しても
それで終わり
ずっと人生安泰ではありません。


いい企業に就職できたとしてもです。


いい所に就職できたということは
さらにそこでもっとレベルの高いことを
求められる可能性が高いです。



そうでなくても
社会人になれば
自分でいろんなことを
学んで行かなければなりません。



ノートと教科書で行う勉強でなく

人と人との交流の勉強や

営業の仕方の勉強や

効率よく作業をする勉強や

人をうまく使う勉強…

技術職ならば技術力をあげたり、

効率をあげる勉強。


働いていなくても

子育ての勉強

美味しい料理をつくる勉強

などなど




いろいろな勉強が必要になってくるわけです。



社会人になってからも勉強を
続けていかなければ



働いているなら
リストラ対象になったり
窓際族になったり
なかなか給料が上がらなかったり
していくわけです。



そして
思考力がついているならば
人生何が起きたって
そこから自分の力で
這い上がれるわけです。


まさに人生にとって
思考力というのは
非常に重要なんですね。




生きている限り
よりよい生活をしたいと思う限り
勉強からは逃れられないわけです。




そういった勉強の習慣を
子供の頃から
学生時代に身につけていたら
どんなにラクでしょうか。



人は習慣になったことは
だんだんと苦にならなくなります。




経験はありませんか?
3日くらいだとなんとなく
続けるのが億劫になったりしますが



一ヶ月、二ヶ月と
続けていくうちに
だんだんと 
やるのが当たり前になっていく事に。



習慣というものは本当に重要です。



私もかれこれ10年以上
漫画を書き続けています。


それだけ続けていれば
それだけで食べていけるようには
なるんですね。


私の中ではもう

描くことが当たり前

習慣になってるんですね。




マザーテレサのこんな名言があります。




思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。


言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。


行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。


習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。


性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。





勉強に限ったことではありませんが
こつこつと続けていく習慣を
持つことによって



粘り強い、努力できる人間に
いつの間にかなってしまうでしょう。





子供には
ただ勉強しなさい、
というだけでなく



なぜ勉強が必要なのか
どういった効果があるのか


を教えつつ



なおかつ まだ幼い子ならば
楽しく続けられる工夫をしたいものです。




例えば日記とかでもいいですね。


何かを書く


という習慣も大事です。




「今でしょ!」の林修先生も

書く事で力になる

と言っています。



実際に手を動かすことで
頭に入るということですね。




日記というのは
小さい子が始めやすく
習慣にもしやすいので
小学生の低学年の子辺りには
おススメです。



親子の交換日記でもいいですね。



ぜひいろいろと工夫して
勉強する習慣をつけましょう!



そして親も勉強する姿勢を見せましょうね。



クリックしていただけると更新の励みになります☆彡
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

育児日記 ブログランキングへ


スポンサーサイト

愛は行動

有名な オードリー・ヘプバーンの名言で
こういうものがあります。


**********************

愛は行動なのよ。

言葉だけではだめなの。

言葉だけですんだことなど

一度だってなかったわ。

私たちには生まれたときから

愛する力が備わっている。

それでも筋肉と同じで、

その力は鍛えなければ

衰えていってしまうの…。



- オードリー・ヘプバーン

******************


実に深いですね。


私たちが 愛情 って言われると
だいたいの人が

気持ち

つまり 

心のこと

だと 思いがちです。




誰々を 好き 愛してる


その気持ちそのものが 

愛情である

と思ってる人が 多いと思うんですよね。



でも 思ってるだけでは 
口に出すだけでは 愛情ではない 
とオードリーは 言っているわけです。


マザー・テレサにも同じような 
名言があります。



*************************


マザー・テレサ



愛する気もちがあっても、

相手に何もしなければ、

愛がないのと

変わらないのではないでしょうか


************************



マザーテレサも愛情は 
行動に移しなさいと 言っています。




気持ちや言葉だけでなく

行動にすることそのものが愛情 

である。




愛情表現は 気持ちや言葉だけでなく
行動するものと 価値観を変えていけば


相手のために 何か行動する

相手のことを 考えて何かしてあげる


という気持ちが 産まれるのではないでしょうか。




それが 返報性の法則 で 
いずれは 自分に帰ってくる。

与えた愛情が 巡り巡って 自分に戻ってくるのだと思います。
(もちろん見返りを 期待してやるのは 意味がありませんが)



娘ちゃんや 弟くんにも

大好き って いつも言っていますが

きちんと行動に 移すことを 意識したいですね。



クリックしていただけると更新の励みになります☆彡
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

育児日記 ブログランキングへ

自分もハッピー相手もハッピー 
WIN WIN の関係を築きたいものです。

女の子と男の子の違い

弟くんも いろいろ意志が
はっきりしてきたので
娘ちゃんの時と
ちょっと 違う反応が出てきたりします。


男の子 女の子の 
違いなんでしょうかね。


欲しいものひとつとっても
要求の仕方が 違います。

弟くんは まだ幼いこともあって
要求はストレート。

欲しい!

と思ったら

くれ!
ちょうだい!

って感じ。
男の子は いい意味でバカっぽいというか
真っ直ぐですよね。
裏表ないというか。

逆に娘ちゃんは
ちょっと 素直じゃない(笑)

ほしい食べ物があったら

ちょうだい
食べたい

ではなく

「なんだか お腹すいちゃったな~」
チラッ チラッ

って感じです(笑)

まあ策を労するといっても
この程度なんですが
ストレートに ちょうだい と
言わないあたりが
さすが 女の子(笑)


娘ちゃんも食べる?

って言ってくれるのを
待ってるんですね。
策士や!

他にもストレートに要求せず
外堀を埋めてくような
要求の仕方をよく 娘ちゃんはします。

特に弟くんを かまってるとき
自分も構って欲しい時なんかは

構って!
とは言わずに

ママ 足が痛い
ママ 寒い

とか 心配するだろうな
と思えることを 言うんですね。

そういえば 構ってもらえるだろうという
思惑なのでしょうね(笑)

もちろん ホントに痛いのか
どうか すぐわかるので
わかってはいることですが
そういう時は 娘ちゃんの思惑に
乗ってあげます。


そうすると 満足するのか
娘ちゃんも 嬉しそうです。

男の子は 感情表現がストレートなのに対して
女の子は 裏の本音を読み取らないといけません。

そんな娘ちゃんですが
夜一緒に寝る時だけは
要求がストレートです。

ママ、一緒に寝たい

これだけは 回りくどい言い方をしてると
ママが仕事をしてしまうと わかっているので
ストレートな要求なんだと思います(笑)

寝る準備まえから

ママ 歯磨いた?
ママ パソコン消して
ママ 着替えて
ママ 携帯は?

いろいろ 言ってきます(笑)

絶対に一緒に寝るぞ!って感じです。

寝る時だけは 弟くんを
ママに近づけないようにします。


弟くんも すぐに寝ちゃうので
ママが特別一緒じゃなくても
まだ 大丈夫なので
娘ちゃんと 一緒に寝てあげてます。

きっと こうやって
一緒一緒言ってくるのも
今だけなんだろうな~と
思いながら 
この幼児期を 楽しみたいです。


クリックしていただけると更新の励みになります☆彡
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へ
にほんブログ村

育児日記 ブログランキングへ

スポンサードリンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。